INFORMATION

お知らせ

奈良県黒滝村企業版ふるさと納税紹介ページ

富山市の風景
富山市の風景

黒滝村は奈良県の中央に位置することから「奈良のへそ」と呼ばれていおり、村の総面積の約97%を林野が占める「森林の村」です。豊かな自然と森林資源に恵まれ、村の主産業である林業は古くから村民の暮らしを支えてきました。

【黒滝村の使い道情報】
(心温まるご寄附ありがとうございました)

各年度中に皆様からいただいたふるさと応援寄附金は、各年度末付で基金へ積み立てを行い、翌年度に寄附財源を予算化し、お申込時にお選びいただいたプロジェクトの財源として有効に活用させていただきました。その活用実績の一部をご紹介いたします。

・黒滝小学校改修事業
(平成27年度)
小中一貫教育実施のため黒滝小学校の校舎及び屋外改修整備を行いました。
黒滝小・中学校では、児童生徒の数が大きく減少し、今までと同じような学習や活動が難しくなってきたため、義務教育の9年間を連続した一つのまとまりと捉え直し、施設を統合して小学校・中学校が連携しながら系統的、継続的な教育活動を行いながら、活気あふれる学校をめざし、平成27年度に小学校の校舎及び屋外施設の改修整備を行いました。この改修工事費に活用させていただき、平成28年4月から施設一体連携型小中一貫教育を開始しています。
事業費 57,780,000円
基金から充当した額 4,000,000円


・黒滝小中学校スクールバス購入事業
(平成30年度)
黒滝小・中学校の児童・生徒の登下校等に使用するスクールバス(10人乗り)1台を購入しました。
村内の道路は幅員が狭い箇所が多く、安全な登下校用の歩道が確保されておらず、鉄道やバス等の公共交通機関もないため、ほとんどの児童・生徒は登下校にスクールバスを利用しています。今回、老朽化したスクールバスの更新に活用させていただき、黒滝小中学校の児童・生徒の安全・安心な登下校に取り組んでいます。
事業費 4,219,080円
基金から充当した額 4,219,080円

奈良県黒滝村の風景
奈良県黒滝村の風景

企業版ふるさと納税のプロジェクト

  • 奈良県 黒滝村

  • 奈良県 黒滝村

ふるさと納税の報告

年度件数・金額
2008年20件
951,850円
2009年18件
2,127,790円
2010年17件
539,000円
2011年20件
604,500円
2012年19件
11,043,580円
2013年19件
1,392,000円
2014年30件
1,587,000円
2015年26件
1,665,000円
2016年20件
1,410,000円
2017年24件
3,396,786円
2018年57件
2,896,540円
2019年103件
2,978,343円
2020年397件
4,932,000円
2021年772件
6,323,000円
2022年1,345件
11,812,000円
総務省より

自治体の状況

  • 人口数657人2022年1月1日時点
  • 人口増減数-11人2021年1月1日~12月31日まで
  • 高齢者の割合52.4%(全国平均 28.53%)2022年1月1日時点
  • 子どもの割合6.8%(全国平均 11.94%)2022年1月1日時点
  • 過疎状況過疎地域市町村2022年4月1日時点
  • 歳入における地方交付税の割合63.0%(全国平均 14.12%)※2021年度

出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

自治体および企業の皆様へ

下記のお問い合せボタンから問い合わせください。
担当者より連絡しご説明いたします。

小坪拓也riverサービスファウンダー