INFORMATION

お知らせ

2024.06.30

    【震災支援セミナー④】企業だからこそできる震災支援~企業版ふるさと納税の活用~「内閣府登壇」

    開催概要

    2024年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」より、半年が過ぎました。
    被災地では今でも復旧・復興に向けた取り組みが行われています。
    地域の産業や活動を再開させるため、企業にしかできないことも多くあるはずです。

    riverでは、企業からの支援の流れを風化させないよう、継続して情報発信を行ってまいります。

    このセミナーでは、支援のポイントや注意点、現地の声・状況と合わせて、企業版ふるさと納税を活用した支援の方法をご紹介させていただきます。

    現地のリアルな声をもとに支援内容を検討

    今回のセミナーには、内閣府、支援企業にご登壇いただき現地の声をお届けします。
    災害のリアルな現場の声を聞くことで、いま、貴社だからこそできる支援を一緒に検討しましょう。

    今回は、七尾市の能登演劇堂の方にご登壇いただきます。来年の春に公演を再開することを目標に、七尾市と連携して建屋の改修を進めています。改修費用・公演再開に向けた費用として寄付を募集しています。

    ご参加いただきたい方

    令和6年能登半島地震 に関して、
    ・企業として何らかの支援をしたい企業の方
    ・支援の輪を広げていきたいと考えているメディア等の方
    ※自治体の方も参加歓迎です。

    セミナー基本情報

    開催日時:2024/8/6(火) 14:00~15:00
    開催方法:オンライン(使用ソフトZoom)
    参加費 :無料

    ① 主催者挨拶・趣旨説明        :株式会社カルティブ
    ② 企業版ふるさと納税制度・事例の紹介 :内閣府地方創生推進事務局
    ③ 被災地からの寄附呼びかけ
     ◆ 石川県七尾市:能登演劇堂
     ◆ 石川県七尾市への現地視察ツアーの紹介:佐賀災害支援プラットフォーム
    ④ 質疑応答・閉会
    ※ 被災地の状況によっては、被災地の登壇は変更になる可能性がございます。

    本セミナー開催に当たっての協力団体

    中央コンピューターサービス株式会社
    株式会社ユーメディア
    株式会社新朝プレス
    NE株式会社
    株式会社新東通信
    株式会社エッグ
    株式会社サイバーレコード
    株式会社九州教育研修センター
    株式会社佐賀新聞メディアホールディングス
    公益社団法人Civic Force
    AAR Japan[難民を助ける会]
    一般社団法人佐賀災害支援プラットフォーム
    公益財団法人佐賀未来創造基金
    あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
    内閣府地方創生推進事務局
    株式会社カルティブ

    riverでは継続した情報発信を行います。

    riverでは、今回の震災に関する支援の機運が風化しないよう、被災された自治体の皆様と連携して継続して情報発信を続けていく予定です。

    具体的な実施内容

    下記の取組みを継続して実施していく予定です
    ① 被災地の情報を伝えるためのオンラインセミナーの開催(数か月に1回程度)
    ② オンラインセミナーへの被災地域の方のご登壇機会・情報発信機会の提供
    ③ ②のアーカイブ動画のご提供と共同での情報発信

    第1回目の開催の様子は下記よりご覧いただけます

    第2回目の開催の様子は下記よりご覧いただけます

    第3回目の開催の様子は下記よりご覧いただけます

    自治体および企業の皆様へ

    下記のお問い合せボタンから問い合わせください。
    担当者より連絡しご説明いたします。

    小坪拓也riverサービスファウンダー