LOCAL GOVERMENT

自治体選択

兵庫県西脇市企業版ふるさと納税紹介ページ

兵庫県西脇市の企業版ふるさと納税概要

① 自然と人にやさしい循環型農業プロジェクト

「ブランド牛×循環型農業×地産地(外)消×6次産業化」

 兵庫県のほぼ中央部に位置する西脇市では、豊かな自然のもと、ブランド牛として名高い黒田庄和牛をはじめ、酒蔵好適米として知られる山田錦、金ゴマ、イチゴなど、個性あふれる農畜産物が生産されています。
 黒田庄地区で肥育されている「黒田庄和牛」は、出荷後に大半が世界に冠たる「神戸ビーフ」に認定され、「山田錦」は最高品質の酒米と評価されるなど、その優れた品質は全国から注目されています。
 これら高品質な農畜産物を生み出す豊かな水資源、適度に寒暖差のある気候に加えて、黒田庄和牛を中心とした西脇市オリジナルの「循環型農業」が確立しています。
 当プロジェクトでは、持続可能な農業の実現に向けて、自然にやさしい循環型農業を中心に農畜産物の高付加価値化や地産地消を進め、農業の価値を高めていくとともに、農業に関わる人材誘致・育成にも取り組みます。そして農業を通じたSDGsの実現を目指しています。
 こうした取組が認められ、西脇市は令和3年5月に国からSDGs未来都市に選定されました。

<寄附金を活用する主な取り組み>
 ・自然にやさしい農業の推進(有機たい肥の利用促進・有機土壌化の推進)
 ・認定農業者の育成支援
 ・地産地消の推進   など

② スマートウエルネスシティ推進プロジェクト

「ICT×健康×コンパクトシティ」

西脇市では、誰もが健やかに生きがいを持って、心豊かに暮らせる「健幸」なまち(スマートウエルネスシティ)の実現を目指した取り組みを進めています。
 筑波大学大学院久野教授のメソッドを使用したICT機器の活用によるオリジナルの健康プログラムの実践と健幸ポイントの付与で、健康寿命の延伸に向けた取組を進めています(令和4年度実績 平均7.3歳の若返り)。
 妊娠期から子育て期の女性を対象に、出産や子育てに関する不安の軽減を図るため、健康づくり教室を開催し、運動メニューと相談交流を組み合わせた場を提供しています。
 市民の主体的な健康づくりを支援することで、誰もが健康で幸せに暮らし続けられる「健幸都市・にしわき」の実現を目指します。

<寄附金を活用する主な取り組み>
 ・健幸運動教室の実施(個別運動プログラムを活用した運動教室)
 ・健幸ポイント事業(健康づくりの取り組みに対するインセンティブ)
 ・健幸スマイルスタジオの開催(妊産婦・子育て女性の健康づくり)  など

③ 未来を拓く次世代育成プロジェクト

「自ら未来を切り拓ける子どもたちの育成」

西脇市では、将来を見通しにくい社会に立ち向かい、SDGsの視点で物事を考え、自ら未来を切り拓いていく力を持つ子どもたちを育成します。
 世界を舞台にグローバルな交流ができるよう外国人指導員の充実や英語検定受験料の助成、GTEC(民間の英語技能検定)を活用した外国語教育を実践しています。
 小中学校の児童・生徒1人につき1台のタブレット型パソコンを導入・配備し、AIドリルをはじめ、双方向型の授業や個々の教育的ニーズに応じた学習を進めています。
 地域の知の拠点「みらいえ」にある図書館等の図書を充実します。
 基礎学力の向上を目指して「にしわき学力向上事業」を推進。教育スーパーアンバサダー菊池省三氏や兵庫教育大学大学院浅野良一教授などの助言を受け、教員の指導力の向上を進めています。
 昭和初期に建設された「西脇小学校」の木造校舎は、現役で国の重要文化財に指定されています。歴史と伝統ある教育環境で、ICTを活用した先端の学びを実施していきます。

<寄附金を活用する主な取り組み>
 ・にしわき学力向上事業(基礎・基本の定着による学力向上)
 ・英語教育の推進(ネイティブスピーカーの配置、英語検定受験料の助成)
 ・こども未来応援授業(県内初のこどもたちの塾・習い事の支援)  など

兵庫県西脇市の風景

寄付のお申し込みはこちら

兵庫県西脇市の状況

人材派遣型の受け入れ なし
ビジネス集積地 にしわき上比延工場公園
にしわき中畑工場公園
サテライトオフィス・テレワーク施設
包括連携協定を結んでいる企業 兵庫県立大学
関西学院大学
神戸芸術工科大学
兵庫教育大学
公益財団法人新産業創造研究機構
兵庫県信用組合
但馬銀行
あいおいニッセイ同和損害保険
大塚製薬株式会社
劇団四季
PayPay株式会社
第一生命保険株式会社

企業版ふるさと納税のプロジェクト