LOCAL GOVERMENT

自治体選択

和歌山県九度山町企業版ふるさと納税紹介ページ

和歌山県九度山町の企業版ふるさと納税概要

 九度山町は高野山の玄関口にある山あいの町で、古い町家が並ぶ趣ある風景が広がっています。
 平安時代に弘法大師が高野山を開創して以来、参詣道として大変栄えました。戦国武将・真田幸村ゆかりの高野山真言宗寺院「真田庵」をはじめ、世界遺産に登録されている「金剛峯寺」の根本大塔へと通じる「高野山町石道(ちょういしみち)」、弘法大師の御母公を祀る寺院「慈尊院」、名勝地「玉川峡」など、多くの観光スポットがあります。
 また、温暖な気候を生かした果樹栽培が盛んで、特に柿は全国有数の産地として知られています。ブランド柿「九度山の富有柿」は甘くて色づきが良く、高品質であることから、市場でも高い評価を受けています。
 このように豊富な地域資源があるにも関わらず、人口減少が著しく、町の存続は危機的な状況に直面しています。
 本プロジェクトでは、都市部へのアクセスも良好という立地を生かし、産業の活性化や生活環境の魅力を高めます。そして産業振興、雇用創出、移住促進、子育て支援、安全安心な暮らしの確保等に取り組み、「働きたい、住み続けたい、移住したいまち」を目指すとともに町の魅力を広くPRし、地方創生を推進します。

和歌山県九度山町の風景
和歌山県九度山町の風景

寄付のお申し込みはこちら

和歌山県九度山町の状況

人材派遣型の受け入れ なし
ビジネス集積地
サテライトオフィス・テレワーク施設
包括連携協定を結んでいる企業 第一生命保険株式会社
日本郵便株式会社
明治安田生命保険相互会社

企業版ふるさと納税のプロジェクト