LOCAL GOVERMENT

自治体選択

熊本県湯前町企業版ふるさと納税紹介ページ

熊本県湯前町の企業版ふるさと納税概要

湯前町は熊本県南部の球磨(くま)盆地に位置し、東側は九州山地を隔てて宮崎県と接しています。急峻な山々に囲まれた盆地特有の地形と気候が、独自の文化を形成してきました。日本遺産に認定されている「城泉寺(浄心寺)」をはじめ歴史遺産も数多くあります。 
当町では、国から認定を受けている「地域再生計画」の「力強い産業としごと創生」、「誇れる・選ばれるまち創生」、「未来を担う若い世代の希望創生」の3つの目標を掲げ、地域経済の活性化や地域活力の向上を目指しています。
その中で、企業版ふるさと納税に係る寄附募集プロジェクトとして3つ掲げています。
まず、『みらいのもり創造プロジェクト』です。
本町は林業を町の基幹事業の1つとしていますが、その環境は良好とはいえず、適切に管理されていない森林が増加しています。地球温暖化対策として森林の重要性が見直されている昨今、企業においても社会貢献や環境問題への意識や、植樹等による森づくりへの機運が高まっています。
こうした状況から、当町では森林整備と林業従事者の雇用確保を目指し森林整備事業に力を入れてきました。2011年からは企業と「協働の森づくり」協定を結び、継続して森林整備に取り組んでいます。本プロジェクトでは、貴重な資源である森林を次世代にしっかりつないでいくため、森林整備に関心をお持ちの企業の皆様と保全活動に取り組んでいきたいと考えています。

 次に、『グリーンパレスをキャンプの聖地に!プロジェクト』です。
自然豊かな当町にある「ゆのまえグリーンパレス」は、広大な自然に囲まれた緑豊かな公園です。ここには温泉宿泊施設である「ゆのまえ温泉湯楽里」をはじめ、整備された芝生広場やキャンプ場、ゴーカート場などがあり、複合施設として年間を通して多くの観光客が訪れています。
本プロジェクトでは、このグリーンパレスキャンプ場をさらに魅力ある施設へと再整備することを目指し、キャンプ場の専用ホームページを構築・運用します。公式サイトを通して広く情報を発信することで、町が誇るキャンプ場をより多くの人に知っていただき、いずれは「キャンプの聖地」とよばれるようなキャンプ場に育てたいと考えています。

 最後に『笑顔あふれるスポーツ施設整備・健康づくり支援プロジェクト』です。
 当町では、学校での部活動の社会体育(スポーツクラブなどでの体育活動)への移行や生涯スポーツの推進を図り、「健康のまちづくり」を目標に運動する機会の創出や住民の健康維持・推進に取り組んできました。
少子高齢化や住民のスポーツ離れが進むなか、町内スポーツ施設の老朽化なども課題になっています。令和2年7月の豪雨災害により被災した海洋性レクリエーション施設「蓑谷(みのだに)ため池艇庫」も、いまだ復旧の目処がたっていない状況です。
本プロジェクトでは同施設の復旧作業を進めるとともに、スポーツ拠点施設の整備を行います。これらの施設を地域住民のコミュニティ拠点とすることで、すべての住民がスポーツや健康づくりがもっと身近に感じ、笑顔で活き活きとした健康的な生活を営むことができるまちづくりを目指します。
以上3つのプロジェクトに注力し、湯前町をより魅力的な町にするために、当プロジェクトに関心のある企業様からのご寄附を募ります。

熊本県湯前町の風景
熊本県湯前町の風景

寄付のお申し込みはこちら

熊本県湯前町の状況

人材派遣型の受け入れ なし
ビジネス集積地 なし
サテライトオフィス・テレワーク施設 なし
包括連携協定を結んでいる企業

企業版ふるさと納税のプロジェクト

  • 「豊かな森林の恵みを次世代へつなぐ『みらいのもり創造プロジェクト』」熊本県湯前町企業版ふるさと納税プロジェクト

    プロジェクト概要 湯前町の基幹産業の一つである林業を取り巻く環境は良好とはいえず、適切に管理されていない森林が増加しています。 本プロジェクトでは、貴重な資源である森林を次世代にしっかりつないでいくため、森林整備に関心を […]

寄付のお申し込みはこちら

自治体および企業の皆様へ

下記のお問い合せボタンから問い合わせください。
担当者より連絡しご説明いたします。

小坪拓也riverサービスファウンダー