LOCAL GOVERMENT

自治体選択

鹿児島県阿久根市企業版ふるさと納税紹介ページ

鹿児島県阿久根市の企業版ふるさと納税概要

阿久根市のプロジェクトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

阿久根市は、鹿児島県北西部に位置し、面積約130㎢、人口約18,000人の豊かな自然があふれるまちです。阿久根港を中心に古くから海・陸交通の要衝として海運業・商業などで栄えてきました。
東シナ海に面した約40㎞にも及ぶ美しい海岸線を有する脇本海岸や、沖合いに浮かぶ阿久根大島は、サーフィンや海水浴などのメッカとして、毎年多くの観光客が訪れます。

本市では「行ってみたくなる 帰ってきたくなる 東シナ海の宝のまち あくね」を将来像として掲げ、次の6つの基本目標を軸に、持続可能なまちを目指して様々な施策に取り組んでいます。
[基本目標1]地域の資源を生かした「にぎわい」のあるまち
[基本目標2]地域の魅力が広がる「つながり」のまち
[基本目標3]支え合い生き生きと暮らせる健やかなまち
[基本目標4]快適・安全で潤いとやすらぎのあるまち
[基本目標5]豊かな心が育まれ文化の薫るまち
[基本目標6]協働・連携で明るい未来を開くまち

また、これら6つの基本目標のうち、特に寄附をお願いしたい事業として、次の3つを掲げています。
[1.新図書館の整備]
 現在の図書館は、老朽化等により、利用者に不便をきたしている状況です。誰もが気軽に、そして居心地よく感じられる場所としてはもちろん、創造性にあふれた地域の知の拠点として、新たな図書館を整備します。
[2.番所丘公園EVゴーカートの導入]
 本市では、公共施設に大規模な太陽光パネルと蓄電池を設置し、マイクログリッド網を構築しました。大型遊具、全長約1.2kmのゴーカート場などがある多目的公園の番所丘公園にも、この設備により発電された再生可能エネルギー由来の電力が供給されています。
 子どもたちの遊びの中に再生可能エネルギーを取り入れ、環境について考えるきっかけづくりとして、EVゴーカートを導入します。
[3.子どもたちへのきめ細かな療育]
 児童発達支援センター「こじか」では、支援が必要な未就学児に対し、基本的な生活習慣の自立を目指し療育がおこなわれています。個々の障がい特性に応じた療育支援の拡充に向け、子どもたちが遊び中で体の上手な使い方を育むことができる大型遊具などを整備します。

ご寄付を通じて阿久根市とのつながりを築き、地域課題の解決に向け、一緒に取り組んでいただけませんか?

鹿児島県阿久根市の風景
鹿児島県阿久根市の風景

寄付のお申し込みはこちら

鹿児島県阿久根市の状況

人材派遣型の受け入れ なし
ビジネス集積地 水産加工団地
サテライトオフィス・テレワーク施設
包括連携協定を結んでいる企業 株式会社博報堂プロダクツ

企業版ふるさと納税のプロジェクト