INFORMATION

お知らせ

2022.01.26

  • プレスリリース

熊本県美里町の事業が地方創生SDGs官民連携優良事例に選定されました

riverでコーディネートした熊本県美里町の「eスポーツでいい里づくり」事業が、約6000団体が所属する内閣府の会員制組織(地方創生SDGs官民連携プラットフォーム)にて、2021年度地方創生SDGs官民連携優良事例として選定されました。
同プラットフォームの会員企業から応募があった全71件の取組の中から、優良事例として6事例(連携部門3事例、一般部門3事例)が選定されてます。

river九州支社のサイバーレコード、riverパートナーの熊本日日新聞社を始め、現地の事業者が連携しており官民連携して地域課題を解決するというモデルになっております。

同モデルは、日経新聞を始め多数のメディアに取り上げられ、すでにいくつかの自治体で横展開されています。広く日本全国の地域課題解決に繋がる事例を各地で創出してまいります。

「地方創生SDGs国際フォーラム2022」の中で発表され、ページも先日公開されております。

2021年度 地方創生SDGs官民連携優良事例の選定について

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

地方創生SDGs官民連携プラットフォームは、内閣府が主導されている、SDGsの国内実施を促進し、地方創生につなげることを目的とした、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深めるプラットフォームです。

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

参加団体:自治体 1034団体/関係省庁 16機関/民間団体等 5133団体(2022年1月28日時点公表データより)

2021年度 地方創生SDGs官民連携優良事例の選定について

INFORMATION

2022.11.15

  • 制度情報

地域再生計画認定結果の公表:第66回認定

2022.10.29

  • ニュースリリース

新東通信と北陸銀行がパートナー契約を締結しました

2022.10.23

  • その他

【実績報告】株式会社プラスト様から宮城県東松島市へ200万寄附、贈呈式が行われました!

2022.10.19

  • イベント・セミナー

【開催報告】内閣府・経済産業省共催 地方創生SDGs事業 ~ 自治体 × 企業 ビジネスマッチング会

2022.10.17

  • その他

【開催報告】島根県安来市にて庁内向けセミナーを開催しました。

COLUMN

2022.09.28

デジタル田園都市国家構想戦略における「企業版ふるさと納税」の役割

2022.06.28

地域課題解決における「企業版ふるさと納税」の役割

2022.05.28

企業版ふるさと納税相談サービス riverの思い

2022.05.28

企業版ふるさと納税を活用するための4つのステークホルダー