LOCAL GOVERMENT

自治体選択

奈良県企業版ふるさと納税紹介ページ

奈良県の企業版ふるさと納税概要

寄付のお申し込みはこちら

奈良県の状況

人材派遣型の受け入れ あり
ビジネス集積地
サテライトオフィス・テレワーク施設
包括連携協定を結んでいる企業

企業版ふるさと納税のプロジェクト

  • 三宅町ローカルスタートアップ事業

    プロジェクト概要 自由な発想や地域課題解決の視点等から生まれる新規ビジネスの実践に意欲的に取り組む者を対象として、起業家育成講座、シンポジウム等を通じ、将来的に地域から全国、ひいては世界に飛び出す起業家を育成する。町が大 […]

  • 地域デジタル化推進プロジェクト

    プロジェクト概要 ①子育てしやすいまちづくりを目指し、地域の生産性向上とサービス向上を目指します②住民・地域・職員が安全に、安心して暮らせるまちづくりを進めます③これらの下支えとなるネットワークと処理基盤の構築を進めます […]

  • 大和葛城山をみんなが登りやすい山に!!

    プロジェクト概要 年中、四季折々の表情を感じることができ、特に毎年5月には山頂斜面一帯に「一目百万本」とも称されるツツジが咲き誇る大和葛城山ですが、その登山道は集中豪雨や台風などにより崩壊し通行できなくなる箇所があります […]

  • 博物館を応援!文化資源の保存と活用事業

    プロジェクト概要 二上山博物館では、香芝市内及び二上山周辺地域を構成する貴重な歴史遺産などについて調査・研究を推進し、次代に引き継ぐための保存の措置を講じております。これらの事業を通じて、本市における歴史文化財の発信拠点 […]

  • 活力とにぎわいのあるまちづくり事業

    プロジェクト概要 王寺産オリーブを活用した特産品の開発や既存特産品のPR プロジェクト資料

  • 荒廃農地活用事業

    プロジェクト概要 荒廃農地を活用し、都市住民及び就農希望者に農作業体験の場を提供することで、新規就農者の育成、荒廃農地の解消を図るとともに、参加者に地域住民との交流などを通じて、河合町の魅力を認識してもらうことにより、河 […]

  • #ならみんぱく(奈良県立民俗博物館)古民家修理応援

    プロジェクト概要 当館は県内古民家15棟を移築復元して屋外展示しています。国の重要文化財や県指定文化財もあり、小学生を中心に文化財から学ぶ場である一方、近年では、映画・TV番組からコスプレ撮影まで各種ロケ地としても活用さ […]

  • 葛城IC周辺エリア賑わい創出プロジェクト

    プロジェクト概要 ①けはやちゃんこ鍋コンテスト「相撲発祥の地・葛城市」を知っていただくために、相撲と結びつきが深い食べ物であるちゃんこ鍋のコンテストを開催します!年間約100万人超の来場者を誇る「奈良の西の玄関口」道の駅 […]

  • 地方創生プロジェクト

    プロジェクト概要 ・駅周辺賑わい交流事業新駅舎が完成した結崎駅前を中心として、町内外の方が集い、賑わいを促進させて駅周辺を活性化させる事業に取り組みます。・環境 整備パートナーシップ事業町と企業が連携し、町民や在勤者の日 […]

  • 奈良県漢方プロジェクト

    奈良県漢方プロジェクト

    プロジェクト概要 奈良とゆかりの深い漢方について、奈良県ならではの蓄積を活かし、原料となる薬用作物の生産から関連する新たな商品・サービス等の創出も視野に入れ、県内産業の活性化を図るプロジェクトです。出演者:産業・観光・雇 […]

  • スポーツツーリズムを活用したまちづくり事業

    天理市は柔道、ラグビー、野球など様々なスポーツ競技で全国トップクラス、世界的トップアスリートを輩出するスポーツのまちです。天理のスポーツ資源と大和青垣の自然や歴史,文化資源を融合させたツーリズムを実施し、地域の活性化を図ります。

  • 観光資源魅力向上事業 どんづる峯の整備

    どんづる峯は、千数百万年前に噴火した二上山の火山活動によりできた白い岩肌が美しく広がる景勝地で、その景色は、”日本のカッパドキア”と称されたこともあるほど、訪れた方々は絶賛されます。

  • 當麻寺仁王像修理助成プロジェクト

    葛城市には、當麻寺をはじめ、国宝や国・県指定の文化財が数多く存在します。
    現在、令和3年度より5カ年で修理をすることとなった當麻寺仁王像について、市指定文化財であることから、修理事業に対し、補助をおこなっています。

  • 斑鳩町まち・ひと・しごと創生推進事業

    斑鳩町が将来へむけて持つ”3つの願い”を叶えるための取組み。

  • 信貴山エリア調査・保全整備事業

    本町では、観光拠点づくりの一環として、信貴山朝護孫子寺をはじめとする寺院および信貴山エリアを、平群を魅力的なまちにすることを目指す「平群ブランド」として認定し、調査・保全整備事業を行っています。

  • 日本遺産の構成文化財等を活用した大和川沿い整備プロジェクト

    98番目の日本遺産「もう、すべらせない!!~龍田古道の心臓部「亀の瀬」を越えてゆけ~」の重要な要素である大和川の河川敷の遊水化整備や施設整備を行い、信貴山や龍田大社といったその他の構成文化財と連携した広域の観光整備を行っていきます。

  • 神野山ツツジ復活プロジェクト

    明治の時代に植栽され、保存と活用を図られてきた山添村フォレストパーク神野山の観光資源「ヤマツツジ」。進む過疎化や少子高齢化による担い手不足、また令和3年3月の火災により山頂約1,000株のヤマツツジが燃え、現在は他品種の草花や雑木が生い茂っている。

  • コンパクトシティのまちづくり

    市中心部の半径800m程のエリアを4地区に分け、地区別の特性(例えば、公共施設が集積する地区では、公共不動産のPPPによる利活用)を活かし、賑わいを創出するまちづくりを行うことで、エリア価値の向上を図り、エリアへの居住を推進する力とした、コンパクトシティの実現を目指します。

  • 吉野宮滝万葉整備プロジェクト

    令和4(2022)年は壬申の乱から1350年。吉野町宮滝は大海人皇子が挙兵した地です。この地には斉明天皇がお造りになり、聖武天皇まで行幸のあった離宮「吉野宮」の跡地(宮滝遺跡)があります。この遺跡を「(仮称)吉野宮滝万葉公園」として整備します。

  • 奈良県立大学×御杖村 地域交流型連携事業推進プロジェクト

    御杖村と奈良県立大学は連携協定を結び地域の課題解決に取り組みます。

  • おおよど子ども未来プロジェクト

    令和7年4月に大淀町子育て支援拠点施設を開設予定です。
    町の子育て支援関連施設を集約し、切れ目のないサービスを提供することで、子育てしやすい環境を整備します。

  • 訪れたくなる村づくりプロジェクト~人口減少の最前線で関係人口づくりを一緒に行いましょう!~

    人口減少により疲弊した地域の活性化を図るため、長期的視点で官民が連携協力し事業推進。
    魅力ある「訪れたくなる村づくり」を実現。

  • 郡山城跡公園整備事業

    大和郡山市では市民や観光に訪れる方に快適にお過ごしいただけるよう様々な取組を考えています。

  • 「動く診療所」高齢者が安心して暮せるまちづくり

    開業医のいない医療過疎地域にむけて、2次医療病院である宇陀市立病院地域医療部より、レントゲン、エコー、心電図等の医療設備を搭載した移動診療車にて診療に出向きます。

  • 目指せ!ICTを活用して健幸長寿に「たわらもと(田原本)ヘルスケアプロジェクト」

    民間企業、大学及び他自治体との連携により 、情報交換を行い、科学的な知見に基づいた理論のもと推進しております。

  • 森と地域を守る人づくりプロジェクト

    カーボンニュートラル、CO2排出削減等に貢献する森林吸収源を高めるために、森林の手入れを適切に行っていくプロジェクトです。

  • 『下市町空き家バンク』を活用した移住・定住プロジェクト

    「下市町空き家バンク」をさらに充実させ、移住・定住の大きな要因の1つである住環境の充実を図り、下市町への移住・定住を促します。

  • 五條市立西吉野農業高校魅力化推進プロジェクト

    五條市では、自然豊かな環境を生かし、平坦地から山間部まで様々な作物の栽培を行っています。

  • 持続可能な公共交通ネットワークの形成(コミュニティバス)

    交通弱者の外出支援や観光客の周遊促進などを目的に、持続可能なコミュニティバスの運行を目指します。

  • 茅葺き・漆塗りの里ではじまる官民連携プロジェクト

    曽爾高原(茅葺き屋根の材料供給地)再生、漆文化発祥の地から古(いにしえ)の漆の流通の復活を目指す「山と漆プロジェクト」を展開しています。

  • 全国1位の靴下生産地で育む『広陵くつした』プロジェクト

    「靴下」という生活に必要不可欠なものを、国内で持続可能な産業として残していくために、広陵町では後継者育成に必要となる技術指導のサポートや子育て、介護、障がいなどにより在宅でなければ仕事ができない方も働くことのできる環境づくりに関する支援を行っていきます。

  • 村産木材で建てる「川上村保育園並びに義務教育学校」施設整備プロジェクト

    本村は先人たちの「教育」にかける思いを受け継ぎ、「村づくりは人づくり・人づくりは教育」を信念に「15の春は正夢に」を目標に取り組んでいます。

  • 文化財との新しい関わりを提案 未来へつなぐ『マイ文化財』プロジェクト

    文化財をもっと身近に感じてもらい、これまで引き継がれてきた文化財を未来へつなげるため、文化財の価値や魅力を「知る」、「守る」、「伝える」を一つのパッケージとして、人と文化財の新しい関わりを提案します。

  • ちょうどいい町「たかとり」の地域コミュニティの形成による地域課題解決事業

    「ちょっと手伝って」と「ちょっと働きたい」をつなぐワークシェアリングの仕組みである「高取町しごとコンビニ」の導入を現在進行中です。

  • 明治の洋館復活プロジェクト

    明治末期に山間の地に建設された西洋風木造建築のモダンな元村役場庁舎。一階ホールの型押鉄板天井は国内での現存数が数例の貴重な文化財ですが、老朽化が進み建物全体の保全が喫緊の課題となっており、今後は全面リニューアルも検討しています。

  • 大神神社参道周辺地区まちづくりプロジェクト

    大神神社参道沿道やJR三輪駅から大神神社までの導線を中心として三輪のまちの賑わいを創出するため、拠点となる施設を整備することにより来訪者の回遊性を高め地域の活性化を図ります。

  • みやけまち育パートナーシップ事業

    豊富な知見やリソースを有する企業や・団体と協働し、町の子ども・子育て支援施策を強化する取り組み。

  • 観光推進プロジェクト

    山添村では観光の産業化をめざし、観光協会を中心とした基盤づくりを進めています。

  • 町制50周年記念プロジェクト

    持続可能なまちづくりを見すえた定住促進、関係人口・交流人口の創出を図るため、町民の皆さまとともに「町制50周年記念事業」に取り組みます。

寄付のお申し込みはこちら

自治体および企業の皆様へ

下記のお問い合せボタンから問い合わせください。
担当者より連絡しご説明いたします。

小坪拓也riverサービスファウンダー