PROJECT

プロジェクト

  • 伝統

「白河の関がある白河市 日本の100名城の復元『小峰城一石城主プロジェクト~よみがえれ!清水門~』」福島県白河市企業版ふるさと納税プロジェクト

福島県 白河市

プロジェクト概要

白河市では、小峰城の名城としての佇まいを整え、より多くの方々に本市の歴史・文化を堪能していただくため、三重櫓・前御門に引き続き清水門の復元に取り組んでまいります。
皆様と一緒に復元に取り組みたく、清水門の復元に対するご寄附1,000円ごとに「一石」とみなし、白河藩の最大石高の15万石にかけて、寄附を募る「小峰城一石城主」プロジェクトを立ち上げましたので、ご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

<清水門について>
清水門は、二之丸と本丸を結ぶ重要な門で、高さは約11m、間口は約14m、小峰城の中では最も大きな櫓門でした。本丸に至る途中には、番所が設けられていましたが、清水門内にも番所が置かれ、厳重に警備がなされていたと考えられます。
復元にあたっては、江戸時代に城内の櫓や門を実測して作られた「白河城御櫓絵図」や、これまでの発掘調査の成果に基づいて、忠実に復元します。
令和2年度から復元に取り組んでおり、6年度の完成を目指してまいります。

< 国指定史跡「小峰城跡」について>
小峰城は、南北朝時代の14世紀半ばに白河結城氏により築城されたと言われています。
寛永6年(1629)、幕命を受けた初代白河藩主丹羽長重により、約4年の歳月をかけて大改修が行われ、奥州の関門である白河にふさわしい、石垣を多用した近世城郭が整えられました。
小峰城の中核となる三重櫓は、戊辰戦争の際に焼失しましたが、平成3年に絵図などの歴史資料や発掘調査成果を基に木造で復元され、同6年には本丸の入口である前御門も復元されました。
・白河市公式youtubeにて、「美しき小峰城」を公開しています。
https://www.youtube.com/watch?v=zvmPX3C1qh4

プロジェクト資料



お問い合わせ先

市長公室企画政策課

0248-22-1111


riverにログインしてプロジェクトの状況を確認する
会員サイトにログイン

寄付企業やプロジェクト関連企業など、自治体契約および許可があればご参照いただけます。

river主催のセミナーもご覧ください
セミナーの一覧へ
群馬県の企業版ふるさと納税プロジェクトまとめページです。
奈良県の企業版ふるさと納税プロジェクトまとめページです。
企業版ふるさと納税の紹介動画を作成いたします。