PROJECT

プロジェクト

  • 観光
  • 交通

「11年ぶりに奇跡の全線運転再開を果たした、JR只見線の利活用推進プロジェクト」福島県只見町企業版ふるさと納税プロジェクト

福島県 只見町

プロジェクト概要

2011年7月の「新潟・福島豪雨」で被害を受け、会津川口駅から只見駅間で不通となっていたJR只見線が、2022年10月1日に全線運転再開を果たしました。 JR只見線は会津若松駅(会津若松市)と小出駅(新潟県魚沼市)を結ぶローカル線で、只見川と多くの鉄橋が織りなす風光明媚な路線です。
被災当初は、不通となった区間を代行バスで運行し、線路しては廃線とするという議論もありましたが、福島県が線路や駅舎を保有しJR東日本が運行を担う全国でも珍しい上下分離方式での復旧となりました。
この上下分離方式では、只見線を維持していくために福島県と沿線自治体が多くの負担をしていかなければならないことから、観光路線として多くの観光客を只見町に呼び込む取組みが必要となっています。
只見町では、JR只見線を呼び水として多くの方々に只見町を知ってもらい訪れていただくことで地域の活性化を目指します。

プロジェクト資料



お問い合わせ先

地域創生課

0241-82-5220


riverにログインしてプロジェクトの状況を確認する
会員サイトにログイン

寄付企業やプロジェクト関連企業など、自治体契約および許可があればご参照いただけます。

river主催のセミナーもご覧ください
セミナーの一覧へ
群馬県の企業版ふるさと納税プロジェクトまとめページです。
奈良県の企業版ふるさと納税プロジェクトまとめページです。
企業版ふるさと納税の紹介動画を作成いたします。